仕事帰りの空腹によるコンビニ通いの問題性

動いていると小腹がすくものだ。それは頭を動かすという意味でもそうだし、体を動かすという意味でもそうだ。だからこそ一日中寝ていたり、家でボーっとしてるような休みの日はあまり空腹は感じないし、仕事を終えた帰りというものはどうしても空腹を感じてしまう。
そうなると仕事終わり、家に帰る前にコンビニにでも寄って何かしら買いたくなってくる。コンビニはとても便利なものだ。24時間やっているし、帰る途中パッとよって立ち去るにはちょうど良い広さの場所だ。スーパーなどは駐車場も店舗も、少々広すぎるきらいがある。
しかし、買い食いをするとなるとお金が消費されていくのだ。一回は100円程度の額だとしても何回も通っていればとんでもない額になる。それに、どうしてもそういった場所で買ってしまうものは甘味が多い。糖分過多という問題も出てくるのだ。
コンビニに寄るのは嫌いではないし、コンビニスイーツを楽しむのも好きだ。しかし、最近は自重すべきかなと考えている。財布からお金が減ったかわりに顔にニキビが増えているというのは、あまりいい気はしない。ミュゼ 予約変更 会員