大学入試の二次試験が行われていることで、つらつらと考えたこと

国立大学の二次試験の前期が行われている。私立大学の入試は、もう終わっているところが多いから、国立大学志望の受験生にとっては、最大の関門と言ってよいだろう。今後ますます受験生の数が減っていき、大学側も優秀な学生の確保に躍起になっている。特に地方の私立大学なんかは、定員割れしているところもあるくらいだから、大学の存続が危ぶまれる問題となっている。大体にして、大学が都心部に集中している環境があまり良くないと思っている。特に東京を中心とした首都圏に人が集まるからしょうがない側面があるかもしれないが、あまりにも首都圏に集中し過ぎている。大学と企業が一緒になって地方に移転すれば、これこそが最大の地方再生になると思う。そして、国の官庁も一部地方に移転してしまえば、なお良いのだ。これだけインターネットが発達している時代だから会議などもネット配信で遠隔地にいても出来るし、作業が滞ることもあまりないのではないだろうか。http://www.dotpw.co/