事業界の同様語について勉強していました

業務などについて教育しました。業務の実情における要素の行いは、さんざっぱら大きくかつ複雑だ。ですから、要素の行いが好調なのか乱雑なのかなど、行いのランクをしょっちゅうじっとつかんでおく必要があります。そうしないと、改善のはげしい業務の世界では要素の舵取りはうまくいきません。そこで、要素の行いを一定のモラルに従って明瞭に指し、評価する力が必要となります。これが会計だ。会計は、業務の世界では要素の行いを描きだす業務言語といわれ、業務の実情に通じる人々の共通語になっています。多くの他社が存在し、改善のはげしい業務の世界のなかで要素舵取りを順調に講ずるためには、会計を要素舵取りに役に立つように積極的に利用する力、すなわち会計実用力を身につけることが必要です。そのために、商業の課程を学ぶのです。勉強して、業務の世界で活動したことがないので分かりませんが困難ということは分かりました。キレイモ vio