イエスキリストが語った聖書預言の意味を考える

聖書中にはイエスキリストが語った聖書預言が数多く収められています。それは終わりの日に関する預言であり、私達の時代に関係していると考えられています。特にマタイ書24、25章はまさに終わりの日に起きる事柄を克明に記録しています。大地震、飢饉、戦争、偽キリストの出現、人々の愛が冷える事などが予告されています。ある人々はいつの時代にもこれらは起きたと言います。確かにいつの時代にもこれらは起きました。戦争、飢饉、地震です。しかし、イエスキリストは終わりの日を特徴づけるもう一つの事柄を予告しました。それが14節に書かれています。[この王国の良い便りはあらゆる国民に宣べ伝えられるでしょう。それから終わりが来るのです。]現在エホバの証人は世界中で聖書の音信を伝えています。神の王国に関する良い便りを様々な方法で様々な人々に伝えいます。つまり、終わりの日に関する預言が全て同じ時代に起きているのは現代であると言う事がわかります。今はまさに聖書預言の通り、終わりの日です。世界情勢を見ても悪化の一途を辿っているのが、よく理解出来るでしょう。世界情勢良くなっているでしょうか?改善しているでしょうか?聖書預言を真剣に考える時なのです。お金借りる